トップ すべての記事一覧 同人誌・同人グッズ制作 の記事一覧 原野 真里菜 の記事一覧

同人即売会で使える!小ロット発注可のおすすめノベルティ

同人イベントでの楽しみといえば、たくさんの新刊を買い集めることですよね。購入した新刊にノベルティがついてきたら「やった!」と思う方も多いのではないでしょうか。

推しのイラストやモチーフをデザインしたノベルティは、同人グッズを扱っている印刷所で製作することができます。この記事ではノベルティを製作するメリットやポイント別のおすすめアイテム、小ロットから作れるおすすめの同人印刷所をご紹介しています。

イベント参加に向けて、素敵なノベルティ製作の参考にしてくださいね!





ノベルティとは

ノベルティとは
もともと「ノベルティ」とは同人用語ではなく、企業が自社の技術や商品をアピールするために無料配布するアイテムを指す言葉でした。同人関連で使われる場合もほぼ意味合いは同じで、同人誌や頒布物についてくる「おまけ」と同義で扱われることが多いです。

同人誌+ノベルティをセットにして頒布価格を設定しているサークルも多く、同人誌と同じくらいノベルティを楽しみにしている参加者も少なくないとか。以前は大手同人サークルだけが作るものというイメージもありましたが、最近は小ロットでグッズを作れる印刷所も増え、身近なものになってきました。


ノベルティをつけるメリット

ノベルティをつけるメリット
同人イベントの楽しみでもあるノベルティですが、同人サークル側にも頒布促進という意味を越えた大きなメリットがあります。ここでは同人活動において、ノベルティを製作するメリットを2点にまとめてみました。


メリット1:いつも買ってくれている方への感謝の気持ちを形に!

同人イベントや通販で、いつも同人誌を買って下さる方ってとてもありがたい存在ですよね。そういった方々に感謝を込めて、新刊+αをお渡しするのはとても効果的。

いつも買って下さるファンの方なら、同人誌と一緒にイラストやデザインの入ったノベルティをお渡しすれば、とても喜んでもらえるでしょう。お渡しする時に「いつもありがとうございます」のひと言も添えると良いですね。


メリット2:新規ファンの興味を引くことができる

同人誌+ノベルティをセットにした「新刊セット」は、同人イベントでの販促やリピーターへの感謝を示す効果が期待できますが、自分の同人誌を手に取ったことがない新規ファン開拓という意味でも大きなメリットがあるのです。

お品書きやツイッターでの告知で、ノベルティの画像はかなり目を引きます。あのグッズが気になるからスペースに行ってみよう、という参加者も少なくありません。自分の描いた同人誌を手に取ってもらうトリガーとしても、ノベルティを活用するのは良い方法だといえるでしょう。


ポイント別にノベルティにおすすめのグッズを紹介!

ポイント別にノベルティにおすすめのグッズを紹介!
同人誌即売会に向けて、実際にノベルティを作ってみたいと思ったときに、どんなものを作れば良いか迷ってしまうという方も多いかと思います。ここでは同人イベントで人気のノベルティを3つのタイプに分け、おすすめをご紹介しています。

小ロットで発注できるものがほとんどなので予算や好み、作る同人誌のイメージに合わせて選んでみてくださいね。


【実用アイテム】日常生活・イベント向け

ノベルティの定番として人気なのが、日常生活や同人イベントで重宝する実用的なアイテムです。実際に使ってもらいやすいので、宣伝効果も抜群!

ここでは実用的で使いやすく、小ロット発注が可能なノベルティアイテムを3種ご紹介しています。


バッグ

バッグ
同人イベントの定番ノベルティとして根強い人気を誇るのが、バッグ系のアイテム。以前はトートバッグやマルシェバッグがメインでしたが、最近はサコッシュや不織布の大判トートなど、バラエティに富んだラインナップのバッグ系アイテムが小ロットで作れるようになってきました。

買った同人誌や設営グッズなど、同人イベントは何かと荷物が多くなりやすいものです。そんな時もバッグ系のアイテムならすぐに使ってもらえるので、高いアピール効果が期待できます。

イラストやデザインを入れられるスペースも大きいので、ファングッズとしても人目をひきそうです。


クリアファイル

クリアファイル
クリアファイルも同人イベントで重宝するアイテムのひとつです。ペーパーやフライヤーなど、カバンの中でばらけやすい紙類をまとめておくのに重宝するクリアファイルは、いくつあっても困りませんよね。

ノベルティとしてもスペース内で場所をとらず、新刊などと一緒に渡すのにも便利です。A4のものが一般的ですが、最近はチケットなどを入れやすいミニサイズやチケットホルダーも小ロットで作れるようになってきました。透明な素材なので、質感を活かしたデザインが映えるのも魅力です。


ポーチ

ポーチ
文房具やコスメ、モバイルバッテリーなどを入れるのに欠かせないポーチは、布やビニール、レザーなどさまざまな素材のものがあります。素材によって質感やイメージが大きく変わってくるので、作る同人誌やイラストの雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。

大きさや素材で1個あたりの単価が異なりますが、ビニール製なら比較的安価かつ小ロットで作ることができます。すこし奮発して豪華に仕上げたいアンソロや、合同誌のノベルティなどにもおすすめですよ。


【配りやすさ重視】小さめの雑貨類

同人イベントは何かと荷物が多くなりがち。そんな時にコンパクトでかさばらないものなら、受け取りやすいので参加者にも喜ばれそう!

スペース内でも場所を取らないので、売り子さんがいないサークルでも無理なく頒布できます。ここでは小ロットで発注できて、コンパクトなアイテムを5種ご紹介しています。


ボールペン

ボールペン
さまざまなシーンで活躍するボールペンやマーカーは、コンパクトに持ち運べてかさばらないので誰からも喜ばれるアイテムです。推しをイメージして「分かる人には分かる」控えめなデザインやイラストを入れれば、同人イベントだけでなく学校や会社でも気兼ねなく使えそうですよね。

イラスト等を入れられるボールペンにや蛍光マーカーなど、同人印刷所ではさまざまな種類のペンを小ロットで製作しています。多くの方に使ってもらうには、小ロットでも高品質なものを選ぶと良いでしょう。

スペースに置いていても邪魔にならないので、頒布物が多い同人サークルにもおすすめです。


キーホルダー

キーホルダー
同人グッズ定番のキーホルダーも、ノベルティとして人気のアイテムです。アクリルにラバー、ポリカーボネートのものが人気ですが、木製や金属製のキーホルダーも高級感があって素敵ですね。

最近ではアクリル自体に色やホロ加工を施した、豪華仕様のものも小ロットで作れるようになってきました。1個単位の小ロットで扱っている業者も多く、素材やキーホルダーの金具等もバラエティに富んでいます。

カバンやポーチなど人の目に触れるところにつけることが多いので、アピール効果も抜群!キュートにもスタイリッシュにもできるので、一緒に頒布する新刊のイメージに合わせて選ぶのがおすすめです。


缶バッチ

缶バッチ
缶バッチも昔から定番の同人グッズとして、人気が高いアイテムのひとつ。比較的安価に作成できることに加えて、小ロット製作に対応している業者も多いので同人グッズ作成に慣れていない方にもおすすめです。

以前は丸型しかありませんでしたが、最近は猫型やハート形、星型など見ているだけで楽しくなるような缶バッチも作れるようになりました。缶バッチは、痛バッグを作ったりカバーをつけてキーホルダーとして活用するなど、アレンジの幅が広いグッズです。

ノベルティとしても見映えが良いので、チャレンジしやすいのではないでしょうか。


ポストカード

ポストカード
同人誌と一緒に配布するプチノベルティとしておすすめなのが、ポストカードです。イラストや同人誌とリンクしたデザインのポストカードは、ちょっとしたスペースに飾ることができて、印象に残りやすいでしょう。

自宅のプリンタやコンビニのネットプリントで気軽に作れるので、イベント直前でも間に合うのも魅力のひとつ。時間に余裕があれば同人誌印刷所に依頼して、特殊加工や特殊紙を使った豪華仕様で印刷するのも良いですね。

自分で作れば枚数は自由に決められますし、印刷所でも小ロット製作に対応しているところはたくさんあります。同人誌にくらべて安価に加工でき、かつ華やかに仕上がるので、小さくても地味なイメージにならないのも嬉しいポイントですね。


シール系

シール系
同人イベントでたくさんの人にノベルティを渡したい!というときに、かさばらずに配りやすいのがシール系のアイテムです。イラストを型抜きしたフレークシールやシート状のものなど、単体で配布しても良いですし他のノベルティと組み合わせるのもおすすめ。

業者によっては指定サイズ内で複数デザインのシールを組み合わせて作れるところもあり、小ロット製作にも向いています。可愛い小箱やケースに入れて自由に取ってもらったり、小袋に入れて同人誌に添えて渡すのもおすすめです。


季節に合ったすぐ使えるもの

夏冬の同人イベントは暑さ寒さで体調管理が大変。すぐに使える季節に合ったアイテムをノベルティにするのはいかがでしょうか?ここでは、夏冬にぴったりで小ロット製作にも対応可能な季節アイテムを3種ご紹介しています。


冬ならカイロ

冬ならカイロ
寒い時期の同人誌即売会は手足が冷えてつらいですよね。そんな時にすぐ使ってもらえるのが、使い捨てカイロをはじめとする季節商品です。

使い捨てカイロとオリジナルラベルをOPP袋にパッケージしたものが多く、カイロを使ったあともラベルは記念として残せるのがポイントです。カイロならいくつあっても良い!と思う人も多いので、喜んでもらえるのではないでしょうか。

小ロットで発注できる同人印刷所もありますが、もっとリーズナブルに制作するならラベルだけ印刷所に依頼して自分でパッケージするという方法もあります。これなら必要な分だけ用意できるので、余らせることもありませんね。同人イベントの差し入れとしても活躍しそうです。


夏ならひんやり系のアイテム

夏ならひんやり系のアイテム
夏の同人イベントは混雑と暑さで、一般参加もサークル参加も過酷な環境です。ゆっくりクールダウンできるような、ひんやり系アイテムをノベルティにするのはいかがでしょうか?

クール系入浴剤や冷却シートとオリジナルラベルをOPP袋にパッケージして、同人誌と一緒にお渡しすると喜んでもらえそうです。カイロと同じくラベルだけ残すこともできるので、あとで飾る楽しみもできますね。

叩くと一気に冷たくなるフリーズパックも、同人イベント会場での熱中症予防に効果的。自分でラベルを印刷すれば10個以下の小ロットにも対応できますし、アイテムはドラッグストア等で調達できるので気軽にチャレンジできそう!


カレンダー

カレンダー
年末年始の同人イベントに合わせて、卓上サイズのカレンダーをノベルティとして作るのはいかがでしょうか?12枚分のイラストやデザインを考えるのは大変ですが、そのぶんインパクトは抜群!1年間使うものなので、宣伝効果も高そうですよね。

リング式やカード型などいろいろなタイプのカレンダーを作れますが、フルカラーポストカードを組み合わせるタイプのものは価格も比較的お手頃で小ロットにも対応可能です。合同誌や企画のノベルティとして、複数の描き手で分担して作るのも楽しそうですね!


最小ロット1~10個で発注可能!ノベルティにおすすめの印刷所

最小ロット1~10個で発注可能!ノベルティにおすすめの印刷所
小ロットでノベルティを製作してみたいけど、どこの印刷所に依頼すれば良いのか分からない……とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

同人イベント向けのグッズを、1個単位の小ロットで製作してくれる印刷所をまとめてみました。予算やイメージに合わせて、ぴったりのところを選びたいですね。


ノベルティに適したアイテム多数!バンビアシスト

ノベルティに適したアイテム多数!バンビアシスト
バンビアシストは、大阪にある同人グッズ専門の製作所です。定番のアクリルグッズやサークル布だけでなく、パズルキーホルダーやキャラ枡などの、ちょっと変わった同人グッズまで扱っています。種類が多いので、気に入ったアイテムが必ず見つかるはず。

ほとんどのグッズが1個から作成可能で、小ロット製作にも対応しています。ポケットティッシュや綿棒といった、小型アイテムが充実しているのもうれしいですね。アイテムによって納期が異なり、ものによっては15営業日以上かかるものもあります。

同人誌即売会に合わせてノベルティを作るときには、スケジュールに余裕を持って依頼しましょう。

バンビアシストはこちら


季節ものが多い!プリントオン

季節ものが多い!プリントオン
同人誌の特殊装丁で有名なプリントオンですが、ユニークなノベルティを作成できることでも知られています。ハンドミラーや色鉛筆など、他では見られないノベルティは見ているだけで楽しくなってしまいますね。

ラベルのホログラム加工や台紙印刷などのオプションラインナップも豊富。早めに入稿すれば、最大30%の早割を使うことも可能です。人とは違う、ちょっと豪華なノベルティを小ロットで作ってみたいという方におすすめ!

プリントオンはこちら


ボールペン等ステーショナリー商品が熱い!くじら屋

ボールペン等ステーショナリー商品が熱い!くじら屋
くじら屋はマグネットステッカーやクリップペンなど、ちょっと珍しいステーショナリー系を小ロットで製作できる同人印刷所です。他にもコンパクトミラーやタッチペンなど大きすぎず小さすぎない、ノベルティにぴったりにアイテムが揃っているのも嬉しいポイントですね。

プチオンリーの支援も行っており、支援対象の同人イベントにサークル参加すると、注文アイテムを10%増量してくれるサービスも。プチオンリーの記念アンソロにつけるノベルティなどにもおすすめです。

くじら屋はこちら


短納期で小ロットに強い!おたクラブ

短納期で小ロットに強い!おたクラブ
おたクラブは同人誌や紙製品、本格的なレザーアイテムまで揃う幅広いラインナップが特徴の同人印刷所です。大阪と東京に店舗があり、発注と入稿が完了していれば翌日に引き取りができるという独自システムで人気を集めています。

スタンプやパッケージ用ボックスなど、同人イベントを盛り上げるノベルティのほとんどが2~3個からの小ロットで発注できるのも魅力です。台紙やOPP袋も取り扱っているので、同人誌即売会の前日に受け取ってすぐに袋詰めをすれば、当日の頒布にも間に合いますね。

スマートフォンでの原稿作成・入稿にも対応しているので、ちょっと空いた時間で作業が進められそう!

おたクラブはこちら


紙系ノベルティに強い!オレンジ工房

紙系ノベルティに強い!オレンジ工房
アクリル系などの定番同人グッズにくわえて、紙製品が豊富なオレンジ工房。リングノートやあぶらとり紙など、ノベルティにぴったりな同人グッズが小ロットで発注できます。

日常生活でも使いやすい実用的なアイテムは幅広い層に受け入れられやすいので、迷ったときにおすすめですよ。印刷個数10個単位で原稿を替えることができるので、複数のノベルティを小ロットで用意したい場合や2個組でセットしたい時にも便利ですね。

サイトで原稿の作り方が詳しく解説されているので、初めての方でも安心してノベルティ製作にチャレンジできそうです。

オレンジ工房はこちら


まとめ:小ロットから気軽にノベルティ頒布を始めてみよう!

まとめ:小ロットから気軽にノベルティ頒布を始めてみよう!
以前は大手同人サークルだけのものと思われていたノベルティですが、小ロットで発注できる印刷所も増え、誰でもチャレンジできるものになりました。自分のイラストやデザインで作るグッズは、同人誌を作るのとはまた違う楽しみがあります。

いつも同人誌を買って下さっているファンだけでなく、初めての方にもきっと喜んでいただけるはず!まずは小ロットから、気軽にノベルティ製作にチャレンジしてみませんか?

この記事を書いた人

原野 真里菜

小説書きでツイ廃。一日140字10ツイートできるけど一日1,400字書けないのが不思議。ツイートしてると原稿は進まない。体力づくりのため筋トレを始めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加