トップ すべての記事一覧 同人イベント の記事一覧 原野 真里菜 の記事一覧

一次創作イベントまとめ!参加時のポイントも解説

一次創作イベントまとめ!参加時のポイントも解説

一次創作のイベントにサークル参加したことはありますか?ネットで簡単に作品公開をできますが、同人誌を作成して一次創作のイベントに参加すると、さらに創作ライフが楽しくなりますよ!

イベントに参加することで同人誌を作成する楽しさや、直接読者と話せる機会になるなど、新しい刺激になります。また、プロの漫画家や小説家を目指している方にも、一次創作イベントの参加がおすすめ。

ネットだけの活動も良いですが、一次創作イベントに参加してさらなる創作の高みを目指してみませんか?今回は一次創作イベントの紹介や、サークル参加時に多くの人に見てもらうために大切なことなどについてお話していきます。

一次創作とはなにか詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

一次創作とは?3つの魅力について詳しく紹介!

では、一次創作の大きなイベントについて見ていきましょう。





一次創作の大きなイベントとは?

一次創作の大きなイベントとは?
まずは、一次創作のイベントについてご紹介します。今回取り上げたのは、規模の大きい一次創作系のイベント4つです。


コミティア

コミティア
日本最大級の一次創作のイベントといえば、「コミティア」です。年に4回、東京で行われており、多いときには5000サークルも参加する一次創作のイベントです。ジャンルは漫画や小説だけでなく、評論やゲーム、映像作品など多岐にわたります。

BLやGL作品も参加でき、全ての一次創作ジャンルが集まる熱いイベントです。

コミティアについてこちらの記事でさらに詳しく解説しています。気になる方はぜひチェックしてください。

コミティアが主催している即売会とその参加方法


オリComi

オリComi
続いての一次創作のイベントは、さまざまなオンリーを開催しているスタジオYOU主催の「オリComi」です。こちらのイベントは全国で行われているので、地方に住んでいても参加しやすいのが特徴です。

ちなみに、その他のオンリーと同時開催される場合と、オリComiのみが開催される場合があります。

オリcomi公式ホームページ


文学フリマ

文学フリマ
3つ目に紹介するのは、文字書きサークルが集まる「文学フリマ」です。名前の通り、小説や評論などの文章作品を専門とした一次創作のイベント。東京や大阪といった主要都市だけでなく、札幌や岩手、広島など各地で行われています

プロの作家さんが参加することもありますよ。

文学フリマ公式ホームページ


J-GERDEN

J-GERDEN
最後の紹介は、東京で年2回行われるBLの一次創作イベントJ-GARDEN」。有名なBL作家さんも参加することがあり、憧れの作家さんに会えるかもしれません。多くのオリジナルBL好きに作品を読んでもらえるイベントです。

J-GARDENの参加サークルの傾向等を下記の記事でご紹介していますので、もっと知りたいという方はこちらをご覧ください。

J庭の参加サークル傾向と参加方法をご紹介


イベントによって出張編集部がある場合も

一次創作系のイベントでは、出張編集部のブースが設置されていることがあります。自分の同人誌や原稿を持ち込んで、編集部に直接アドバイスがもらえるチャンスですよ。プロを目指している方には、サークル参加しつつ出張編集部に持ち込みしてみても良いかもしれません。



サークル参加時多くの人に見てもらうために大切なことは?

サークル参加時多くの人に見てもらうために大切なことは?
せっかく一次創作系のイベントに参加するなら、多くの人に作品を見てもらいたいですよね。多くの人に見てもらうためには、事前の準備や当日のスペースの工夫などが重要です。では、どんなことをすれば多くの人に見てもらえるのでしょうか?


定期的な作品のアップ

定期的な作品のアップ
一次創作のものは二次創作のものに比べて事前の活動が重要になってきます。なぜかというと、二次創作作品は「推しキャラや推しカプだから」と、当日に偶然見つけて購入する層が一定数いますが、一次創作のものだと内容を知らないので購入には慎重になるからです。

一次創作の作品でサークル参加する際は、まずさまざま作品を描いてネット上に公開しておくと良いでしょう。まずはネット上で活動して、少しずつ知名度を上げる工夫が必要です。


ネット上で告知

多くの人に見てもらうためには、事前の告知も重要です。予めサークルチェックをして購入する人もいますので、そういった人に目に留まるようにネット上で告知しましょう。SNSなどで定期的にお品書きなどを投稿したり、Pixivなどの投稿サイトにサンプルとともに告知するがおすすめです。


目に止まりやすいスペースレイアウト

目に止まりやすいスペースレイアウト
イベント当日にできる工夫は、スペースレイアウトです。同人誌やグッズを、テーブルの上にただ平置きするだけでは、近寄りがたい雰囲気が出てしまいます。さまざまディスプレイ用品を使って、人の目に止まりやすいレイアウトを作りましょう。


敷き布

まずは、スペースの机に掛ける敷き布です。明るい雰囲気になるだけでなく、サークル側の布部分にポケットを作っておくことで細かいものをなくさず保管できるので便利です。敷き布は専用の通販サイトを利用しても良いですし、自作も可能です。

敷き布はぜひ用意しておきたい物品です。


ディスプレイ用品

敷き布の次は、同人誌やグッズを並べるディスプレイ用品です。同人誌は平置きも良いですが、見本だけ立てると遠くからでも表紙が見えるので、人の目に止まりやすくなります。アクリルキーホルダーや缶バッチといったグッズは、コルクボードなどに見本を貼り付けて展示することで、とても見やすくなります。


ポスター

遠くから見えるポスターもあると、スペースに人が来てくれるきっかけになります。特に漫画やイラストがメインのサークルにはぜひ作成してほしいアイテムです。自分のイラストや、同人誌などのアピールができますよ。


値札

最後は値札についてです。一次創作作品なので、どういった作品なのかなどをアピールしなければなりませんよね。値札に同人誌のタイトルと価格だけでなく、大まかなジャンルについても記載しておきましょう。

また、値札も工夫が必要で、パッと見ただけで値段や内容がわかるように、文字の色や大きさを変えたりすると良いですよ。



イベント当日に忘れてはいけない必要な物は?

イベント当日に忘れてはいけない必要な物は?
サークル参加する際に、当日忘れてはいけない物があります。大切な5つのアイテムをご紹介します。


サークルチケット

サークル参加時に一番大切なのは、サークルチケットです。サークルチケットとは、サークル入場時間に入るために必要なものです。もし持っていないと、イベントによって一般参加の列に並ばないといけなくなる場合もあるので、忘れたり紛失しないようにしましょう。


コインケース

サークル参加するということは、一般参加者とお金をやり取りすることになります。そのため、お金を保管するコインケースは必須です。どんなものでも構いませんが、100円均一などで売られている、入れた金額が一目でわかるコインケースに入れておくと、管理が簡単ですよ。


お釣り

お釣りも忘れてはいけない大切なものです。一般参加者は基本的にお釣りが出ないように小銭を持っていることが多いですが、お札で支払うという人もいます。特にやり取りの多い100円は50枚程度持っていくと安心でしょう。


文房具

持っていく文房具ペンだけでなく、紙やガムテープも持っていきましょう。紙は当日に完売したなどの情報を出せるようにするためです。ガムテープは搬出の際に必要なもので、持って帰る頒布物をまとめたり、配送したりする際の梱包時に使用します。


身分証明書

年齢確認ができる免許証や健康保険証などの身分証明書も、忘れずに持っていきましょう。自分が他のサークルの成人向けの頒布物を購入する際に必要になりますよ。



まとめ

一次創作の大きなイベントと、会場で多くの人に見てもらうために大切なことについてご紹介しました。一次創作の作品は、どうしても二次創作のものよりも人の目に止まりにくいものです。

事前の準備や当日のスペースの工夫で、頒布物を多くの人に手に取ってもらえるようになります。同人誌を凝るのももちろん大切ですが、人に見てもらう工夫にも力を入れましょう。一次創作の作品を作って、イベントに参加してみましょう!

この記事を書いた人

原野 真里菜

原野 真里菜

小説書きでツイ廃。一日140字10ツイートできるけど一日1,400字書けないのが不思議。ツイートしてると原稿は進まない。体力づくりのため筋トレを始めた。